Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




qrcode





PR
年賀状
X'mas
PR
いい情報、いい空気をお届けするブログです♪前向きになりたい方、夢を追いかけている方、元気を出したい方はご覧ください★
  ※7/27現在、カテゴリーを変更しました。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2012.07.15 Sunday | - | - |

裏目の法則
20:18
 「裏目の法則」


裏目は失敗ではない!裏目なのである。



人生って面白いですね!


何かを本気でやろうとすると必ず裏目が出る!


成功しょうと思うと裏目が出る!


真剣に生きると裏目が出る!


時には、本気で惚れると裏目が出る(笑)。


でも、裏目は失敗ではない。

裏目は裏目なのである。

表にすれば大成功なのだ。


しかし、裏目をひっくり返すには法則があるのです。


その「ウラメの法則」を知らずに人生を生きている人はかわいそうだ。


わざわざ大成功の大切な種を捨ててしまっているのである。

〜〜〜


西田文郎先生の新刊

「ウラメの法則」より


<PR>

| 2012.04.06 Friday | その他メルマガ | comments(0) |

人は皆、最善を尽くして生きている
11:08

人は誰でも、


自分なりに最善を尽くして生きている




そう悟ることが重要です。






生きているうちにはたくさんの間違いを犯すし、


誤った情報に基づいて行動したり、


ばかなことをすることだってあるでしょう。






それでも、自分なりにいちばんいいと思うやり方で、


生きていることに変わりはないのです。




「いよいよ人生を棒に振るチャンスだ」


などと、思う人はいないのですから。






他人を責めても


何の解決にもならないことをあらためて知りましょう。




〜〜〜


出典


「たった今から、ハッピーになる! 」


アンドリュー・マシューズ著
ダイヤモンド社より


 


| 2011.09.24 Saturday | その他メルマガ | comments(0) |

やりたいことがわからない人へ
21:43

【やりたいことがわからない人へ】

「やりたいことが見つかりません」と言う人は多い。


そんな人に対するヤマト運輸・元社長の小倉昌男さんの言葉はこうです。


「どこかに『好きな仕事』があるわけではない、

目の前にある仕事を好きになれるかどうかだ」


小倉さんは恋愛も同じことだと言っています。


「どこかに『理想の相手』がいるわけではない。

現実の出会いの中でその相手を好きになれるかどうか」


あなたはいまやっている仕事の好きなところをいくつ挙げられますか?


いま、あなたの目の前にいる人の好きなところをいくつ挙げられますか?

まずは、あれこれ考えないでやってみる。その中から、興味を持てるところ、好きなところを見つける。


そこからしか、次の展開は開けないんです。


「どんな人に会っても、まずその人の中にある美しいものを見るようにしています。


この人の中で一番素晴らしいものは何だろう、そこから始めようとしております。


そうしますと、必ず美しいところが見つかって、私はその人を愛することができるようになって、それが愛の始まりとなります。」(マザー・テレサ)


いま置かれた環境の中で、興味を持てるところを探すのが、仕事が上手になるコツ。


いま、この瞬間の中で、恵まれているところを見つけるのが、幸せのコツ。


いま、目の前の人のいいところに気づいてあげることが、友達を作るコツ。

仕事も人生も恋愛も全部、それは一緒。

いま、置かれた環境の中から、


自分に与えられたギフトに気づけば気づくほど新しいステージが開けます。


足元のタンポポのかわいらしさに気づくことから、人生は開き始めます。


ひすいこたろう著
Happy(しあわせ)名語録?一瞬で人生が変わる! (王様文庫)より

=====

ひすいさんありがとうございます♪♪


タンポポ大好きです♪


『いま置かれた環境の中で、興味を持てるところを探すのが、仕事が上手になるコツ。


いま、この瞬間の中で、恵まれているところを見つけるのが、幸せのコツ。


いま、目の前の人のいいところに気づいてあげることが、友達を作るコツ。』




| 2011.09.21 Wednesday | その他メルマガ | comments(0) |

夢をかなえる魔法の履歴書
13:04

[夢をかなえる魔法の履歴書]


あなたに魔法の履歴書をあげよう。

書いたことが現実になる魔法の履歴書を。


あなたのなりたい職業を書いてみよう。


何歳からでもOK。

学歴、経験不問。


職業を決めたら、どんな仕事をしたいのか

日づけと経歴を記入しよう。



以前、

この魔法の履歴書を手に入れた少年がいた。


少年は10歳から映画監督をやると決めた。


実際、少年は

9歳の時に8ミリカメラで撮影を開始。

8本も映画を撮っていた。


17歳で撮影所にもぐり込み、

空き部屋を自分のオフィスとして使った。


撮影所では名監督になりきり、

いろいろな所に出没していた。


そのときすでに、

大ヒット作を何作もつくることは決めていた。

自分が世界一の監督になると決めていた。


そして、魔法の履歴書に書いたとおり

21歳で出資者と出会い、

ヒット作をつくった。



履歴書どおり、

映画会社と契約を結び、

履歴書どおり、

次々と大ヒット作を世に送り出した。


1971年 『激突』

1975年 『ジョーズ』

1977年 『未知との遭遇』

1979年 『1941』

1981年 『レイダース』

1982年 『E.T』



彼はきっと今も

魔法の履歴書に書き込んでいる。


魔法の履歴書は自分の夢を引き寄せる

自分の夢のシナリオだ。


氏名:スティーヴン・スピルバーグ

生年月日:1946年12月18日

年  齢:65歳

職  業:映画監督

信  条:

「大きなことを夢見よう!

決して途中であきらめてはいけない。

あなたを成功へと駆り立てるような

習慣を育てるのだ」



あなたも魔法の履歴書を書いてみよう。

年齢、学歴、経験は関係なし。

いつからやるのか決めるだけだ。


あなたの夢を始めよう。

あなたの夢をかなえよう。


〜〜〜

出典 [情熱思考]

是久昌信著

中経出版より


| 2011.08.20 Saturday | その他メルマガ | comments(0) |

ツキの大原則
13:04


人生を生きる上で大切な事がある。

それは「どういう友と付き合うか?」である。


ツイてる人と付き合うのとツイていない人と付き合うのでは人生が変わるのである。


小向容疑者の様に覚醒剤で逮捕される人は、覚醒剤に手を出す様な人と付き合い、覚醒剤を覚えてしまったのである。


そういう人と付き合わなければ覚醒剤には縁が無かったのである。

これは、覚醒剤だけではない。


ツイていない人とばかり付き合っていると

「ついてない考え方」が移ってしまうのである。



反対にツイてる人と付き合うと

ツイてる人は積極的な「ついてる事ばかり考えている」ので、積極思考が移るのである。


人生でツイてる人と友になれるというのは「能力」でもあるのだ。



なせならば、ツイてる人とお付き合いをする為には、

ツイてる人に認めてもらわなければならないからである。


ツイてる人は、ツイてる人が好きなのである。


その為には、まずはツキを大切にする考え方を育てよう!


あなたは、「自分はツイてる人間だ!」と思いますか?


また、ツイてる人とお付き合いしていますか?




| 2011.08.20 Saturday | その他メルマガ | comments(0) |

アンストッパプル
19:18
 『アンストッパプルな人』=『雨が降っても、自分の望みを叶えるために、立ち止まらない、勇気ある人』




「アンストッパプルな人は、

特別ラッキーと、というより

むしろアンラッキーな環境にいて、

生まれつき才能に恵まれていたわけでもなく、

疑いも恐れも持ったごく普通の感覚の人たちでした。



ただ、彼らがふつうの人と違った点は


自分のやりたいことをハッキリと知っていて

妥協することなくひたすら夢を追い続け

情熱を燃やし

愛をもって仕事に取り組み

いろいろな人たちから手助けを恥じなかったことなのです。


また、たとえ理解のない周囲の傍観者が、

「そんな無謀で現実的じゃない夢なんて、忘れてしまいなさい」

と横やりを入れても

すこしもひるまず、

自分と夢の間にある様々な形をしたハードルを、

勇気とひらめきを持って飛び越えてきた人たちだったのです。



彼らだって、どしゃ降りの雨に打たれ、

いっしゅん歩みを止めたことがあっかもしれません。



それでも、彼らは、冷たい雨が降ったときこそ

新しい路を見つけ出す絶好の機会ととらえて

悩み考え抜き

慎重に計画を練り直して

また次の一歩へふみだしていったのではないでしょうか」


〜〜〜

出典
「雨が降っても立ち止まらないで」

シンシア カーシー 著
酒井 冬雪 訳

イーハトーヴより




| 2011.08.18 Thursday | その他メルマガ | comments(0) |

念を入れて生きる
18:47
 将来こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう


過去に違う選択をすればよかった・・・


そんなふうに思いわずらう人は多いようです。



けれど、それはまったく無意味なことなのです。

私たちにできるのはたったひとつ。



『念を入れて生きる』

ということだけです。



念という文字を分解すると

「今」の「心」になります。



「今」の「心」とは

今、目の前にいる人、

目の前にあることを大事にする心のこと。



「目の前にあることを一生懸命やりなさい」

ということにほかなりません。



それは、言葉を換えていえば「実践」ということです。



お釈迦さまも

「過去を追うな、終わってしまったことに縛られるな。

まだ来てもいない未来にわずらわされるな。

今というこの一瞬、

今日というこの一日を大切にして生きよ」


と、おっしゃっています。


〜〜〜

出典「すべてを味方 すべてが味方」

小林正観著
三笠書房より



| 2011.08.17 Wednesday | その他メルマガ | comments(0) |

人生とは
11:11
人生は

自分の大切なものを見つける旅。


私はそう思っています。



この旅のなかで

私にとって仕事はかなり大切です。



そして

仲間はもっと大切です。



それから

自分が知ってることを教える機会があったら

こうやって本やなんかで教える。



そしたら人に喜ばれて

私はうれしいのです。



だから

私にとって教えることも大切です。



あと、講演をすると

夕方の講演会を昼から並んでてくれるような人がいっぱいいるんです。


ものすごく、ありがたくて。


私のことを待っててくれる

ファンの人も大切です。



本を出すと

読んでくれる人も大切だけど

出してくれる本屋さんも大切。



本が出るまで

細やかな作業やってくれる人がたくさんいて

そういう人たちも大切です。



それに

私は旅が大好きで日本の景色が大好きです。



そして

旅先で神社仏閣を訪ねるのが私の趣味です。



これも私にとってはとても大切なことです。


世の中にはまだまだ

いっぱい大切なものがあります。



だから、生きていると大切なものがいっぱい増えてくるのです。


大切なものに囲まれているのが

スゴイ豊かな人生です。



大切なものが

一個も見つからないより

一個でもあったらしあわせです。



だけど、もう一個

また、もう一個と

増えていけばいくほど


もっと、しあわせ

もっと、しあわせなんです。



自分が手に入れた宝

一つひとつを大切にしながら

もう一個、さらにもう一個。



そういうことを

している人は魅力的です。

100人の1歩メルマガより




| 2011.08.13 Saturday | その他メルマガ | comments(0) |

人間関係を円満にする秘訣
18:31
アメリカのリーダーシップ論 第一人者

ジョン・マクスウェル氏が

『人間関係を円満にする秘訣』として

素敵な考え方を伝えています

〜〜〜


『人間関係を円満にする秘訣』



1.最も重要でない存在は「私」

2.最も重要な存在は「私たち」

3.最も重要な言葉は「ありがとう」

4.最も重要な心がけは「すべてを水に流す」

5.最も重要な問いかけは「あなたの意見は?」

6.最も重要な励ましは「あなたはよくやった」

7.最も重要な働きかけは「あなたをもっとよく理解したい」



・・・━━━☆・
今日の1歩
・・・━━━☆・

深いですね!

最も重要な存在は「私たち」


「私」だけではなく

「私」を含めたみんなが大切な存在なのですね♪


人は自分の気持ちとか

自分の話とか

自分の立場とか・・・

自分のことに固執しがちです


「私たち」の存在を大切にしていきましょうね♪


100人の1歩メルマガより




| 2011.08.01 Monday | その他メルマガ | comments(0) |

ありがとう
16:48
 2002年妻とスキーへ行ったときのことでした。

スピードの出し過ぎから雪面の状況がわからなくなりコブに乗り上げ、転倒・・・。

頭から雪面に・・・。

首が「バキッ」っという音を立て、一瞬にして首から下の力がスーっとなくなりました。

救急車で運ばれ、妻はお医者さんから私が寝たきりか、車いすの生活の確率が高いと宣告されたそうです。


手術は成功し、命は取り留めました。

でも手足は全く動きませんでした・・・。

天井とのニラメッコの毎日の中で私が考えていたこと。

それは自殺の方法ばかりでした。


舌をかみました。

でも痛くて途中でやめました。

実は生きていたかった・・・。


でも手足の動かない状態での生き方がわかりませんでした。

生きていくのが怖かったんです。

結局、生きるという選択肢しか残りませんでした・・・。


そんな中、ある知り合いの接骨院の先生の話が思い出されました。

同じむち打ち症の患者さんでも、治り方が全く違うという話でした。

一人は、むち打ちになった原因に対し、文句と不平不満を誰ともなく、ばらまいている人。

もう一人は、その原因や痛みを、自分の良き経験として納めている人だそうです。

どちらの患者さんの治りが早いか・・・。

誰もがわかるところです。

その先生が言うには、自分の内側にある回復力に差が現れると言っていました。


前者の方は、体中にマイナスの敵意のエネルギーが充満するそうで回復力は下がり、

後者の方の身体には、プラスのエネルギーが存在するので回復は早いそうです。

こうも言っていました。

身体は自分の頭で思った通りになる正直なものだと。


この話を思い出した私は、どんなことにも「ありがとう」を言おうと決めました。

いつも「笑顔」でいようと決めました。

そして、それを続けていくことは、自分の感情にフタをする苦しさではなく、

毎日の小さな幸せや、生きていることへ感謝を感じることのできる、

暖かく、優しい自分になれていることを発見しました。


今の自分を認めてあげるきっかけとなりました。


そうしたら・・・

手足が動き始めてくれたんです。


医学的・心理学的に詳しいことはわかりません。

でも笑顔でいること。

ありがとうをたくさんいうことは、自分を豊かにしてくれ、

少なくても人を傷つける行為ではないです。


4ヵ月の入院・リハビリの後、職場復帰を果たすことができたのです。


そしてこのごろ気がついたことがあります。

人が気軽に寄ってきて声をかけてくれることに・・・。

なんだかhappyになれてしまうんです。

私はこれからもこの生き方を続けようと思っています。

自分の幸せのために。

そして私を生かしてくださっている皆様のために。


100人の一歩メルマガより




| 2011.07.30 Saturday | その他メルマガ | comments(0) |